《Q&A:行政書士試験受験生との対話》

SUNSET.JPG 行政書士試験についての先生と受験生との対話


●【「行政書士試験相談室」 第9号 平成18年9月29日発行】より

★平成18年度行政書士試験「第1回予想問題と新記述式対策」CD講義★

受験生:この新発行の「予想問題と記述対策のCD講義」の内容について、ポイントをお話いただけませんか。

先生:そうですね。最大の「売り」は、記述対策でしょう。予想問題の中に、私 の推測の元で非常に出題可能性の高い論点と形式で問題が入っています。

受験生:やはり、憲法と行政法、そして民法から出題されるのでしょうか。

先生:その通りです。特に、新試験委員の構成からは「行政法」が要注意です。
法改正のあった、行政手続法、行政事件訴訟法がその中でも最重要です。

受験生:なるほど。第1回予想問題の中にある「記述問題」をまず繰り返しやって みるのですね。

先生:そうそう。その後で、記述対策のテキストとCDでやればいいのです。

受験生:「一般知識等」も心配です。

先生:分かります。特に「情報通信・個人情報」でしょう。ここは、通信技術そ のものの知識と法規制の両面から学習する必要があるのです。
また、個人情報は情報公開法との関連も含めて「個人情報保護法」をしっかりと 勉強しておきましょう。
これらについては、第2回以降の予想問題の中、またはそ の他の形で特集を組みます。

受験生:第2回予想問題は、いつ発行ですか。

先生:今回、このCD講義の反響の大きさに驚いています。本日だけで、10人の 方に、お送りしました。次も早く出してほしいとの声が大きく、来月の中旬には 発行予定です。

受験生:待ち遠しいです。よろしくお願いします。第1回予想問題についても次回 以降のメールマガジンでポイントとをまた聞かせてください。

先生:わかりました。がんばってください。直前まで、応援し続けますよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。